整体で痛みが強くなったと感じたら読むブログ

健康

 

整体師のニャンちゅうです=^_^=

 

今日も整体師ニャンちゅうの健康ブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

今回は「整体で痛みが強くなったと感じたら読むブログ」という内容です。

スポンサーリンク

【対象者】

✔ 整体をしたら痛みが強くなったと感じた人

✔ 整体で痛みが悪化したから通うのをやめようと思っている人

 

上記のような整体後に痛みが強くなり、症状が悪化した経験があるという人に向けて【整体後の痛みについて】どんな考え方を持つと良いのかを解説していこうと思います。

 

ぜひ最後までお付き合いください。



 

整体後の痛みは「悪い」と感じる人が99%な件

 

「〇〇整体院で初めて整体をしてもらったらなぜか痛みが強くなってしまった…。(T_T)」

 

あなたもこんな経験一度くらいはあるでしょうか?

 

おそらく痛みが強くなったと感じたのであれば、「あそこの整体は良くない」とか「施術が悪かったんだろう」「私には合わない」と感じてしまうのが一般的な印象ではないかと思います。

整体を受けるときのおすすめの服装は? NGは?

それは多くの人が基本的に痛みのことを「悪」であると感じているからです。

 

だから痛みが強くなると「悪いものが強くなった」という感情が働いてしまうのです。

 

でもそれは大きな間違いなんです。

 

この痛みに対する認識が変わる人はしっかりと改善していくことが分かっているからです。

 

痛みとはそもそも、体が「今のままでは危険なので修正してください」と信号(サイン)を出している状態であって痛みがあるということは体が正常に機能してくれている証拠なのです。

 

ひどくなる前に体を修正をしなさいとサインを出してあなたの体を助けてくれているのです。

 

だから痛み自体を悪いものととらえてはいけません。

 

痛みが出ない事の方が私からすれば「悪」の状態です。

 

どちらかと言えば、痛みに対して怒りをぶつけるのではなく「体に負担をかけすぎでごめんね」と自分の体を気遣ってあげないといけません。

 

99%の人は痛みが強くなる事を「悪い」ことだととらえてしまうので結局のところ改善できないのです。

 



 

整体で痛みが強くなるのは感覚のレベルが改善している証拠

 

体の状態が悪ければ悪いほど、人間の「感覚」というものはどんどん鈍っていきます。

 

これを「感覚レベルの低下」と言います。

 

(感覚にも触覚、位置感覚、ボディイメージ、痛覚など様々な感覚があります)

 

例えば、「私は肩こりを感じたことがないんだよね」という人の中に、実際に体をチェックしてみると非常に肩周りの状態が悪い人が必ずいます。

 

専門的に見て改善が必要なレベルなんです。

それでも肩こりを感じていません。(もちろん本当に状態が良くて感じない人もいますよ!)

 

肩こりでも状態がひどくなければなるほど、感覚レベルの低下を引きおこし逆に肩こりを感じなくなってしまうのです。

 

こんな方に施術を行うと反対に肩こりを徐々に感じるようになっていきます。

 

なので患者さんは施術をしたのに症状が出始めた(もしくは強くなった)と感じます。

 

ここで普通であれば、痛みが出始めたり、症状が強くなると体の状態が前よりも悪くなったと感じてしまうのですが、実は施術をして体に刺激をいれることで人間の元の正常な感覚が少しずつ戻ってくるために、肩こりを感じる事が出来るようになっているのです。

 

(感覚のレベルが改善しているために肩こりを感じ始めます)

 

これはもちろん悪化しているわけではなく改善に向かっている証拠なのです。

 

このような体の仕組み、改善の過程を少しでも理解していないと整体後に痛みが強くなったから「ここの整体は悪いんだ」、「体に合わないんだ」と一方的に考えてしまうのです。

 

もちろんそこで施術はストップなんてことになりますよね。

 

非常にもったいないです。

 

実際に非常に残念ですが・・・。いくら説明しても分かってもらえない事もあります。

 

腰でも膝でも肩でもひどくなれば人の感覚は低下するという事を覚えておくといいです。

 

繰り返しますが痛みが強くなった=悪くなったではないという事はもう一度念をおしてお伝えしておきますね。

 

正しくは、痛みが強くなった=感覚が良くなってきて感じる事ができるようになってきたなのです。

 

何とか少しでも理解していただけたのであれば嬉しく思うのですが…。(全力でお伝えしたつもりです)

 

それでもあなたにとっては体がツライということには変わりないので以下の点に注意してみて下さい。

 



 

整体後に痛みが強くならないようにする方法は?

 

そもそも痛みが強くなってしまう場合には、整体後の過ごし方に問題がある場合が非常に多いです。

 

施術直後は、特に体に変化が出ている時なのでまずは

 

施術後に大切な2つのこと

①体を休める事が重要です。(寝ることができれば一番良いです。)

②水分を摂ること。(コップ2杯分程度飲んでください)

 

上記の2つが重要です。

 

今日からできる! 健康を手に入れる水2リットルの飲み方とは?

 

①と②が出来ていない人は、もしくは反対のことをしてしまうと施術後に体がだるくなったり、痛みが強く出すぎたりする可能性が高くなります。

 

例えば、施術後に普通に仕事をする、施術後に買い物に行く、施術後に遊びに行くなど

 

本来は、先ほどお伝えした通り体が回復する過程で痛みが強くなっているだけなので基本的には放っておけばいいのですが気になる方は温めたり、気休め程度に少量の痛み止めなどを飲んでも構いません。

 

ただやはり痛みが強くなったからといって早い段階で心が折れてしまわないようにしてもらいたいですね。

 

あとは、もしあまりにもツライようなら、早めに次の施術を受けるようにする事です。

 

整体ってどのくらいの頻度で通えばいいの? 現役整体師が解説します!

 

どんどん良い刺激を入れていき改善のスピードを速めるのも大事です。

 

整体後の痛みを強く感じる場合、自分は改善できる体なんだ、しっかりと変化が出ている証拠なんだという風に理解してください。

 



 

まとめ

 

最後に今回の内容をまとめますね。

 

まとめ

・整体後に痛みが強くなるという事は体が修正しようと正常に働いている証拠であり悪いことではない。

体の感覚レベルが上がる(改善してくる)と、逆に痛みを感じる事ができるようになる。(感じやすくなってきている証拠)

・整体後は体を休める・水分を摂ることを守り実施すると痛み増悪を防げる。

 

上記の内容を理解する事で整体後に痛みが強くなったからと言っていちいち悩むことはなくなるでしょう!

 

きっと施術もスムーズに続けることができるはずです。

 

整体後の痛みに対して今回お伝えしたような考え方を持ってみてはいかがでしょうか?

 

というわけで今回はここまでです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは良い一日を!

またニャ~=^_^=

スポンサーリンク