あなたの腰痛は右側?左側?場所は関係ある? 腰痛を治す人の考え方と原因とは?

健康

 

慢性的な腰痛で悩んでいる人

「あ~、最近は特に右側の腰が痛い…。ちょっと前は確か、左側が痛かったんだけどな?
右の腰をマッサージしてもらったけど全然よくならない…。
場所って何か関係あるのかな、一体、体のどこが悪いんだろう…。
腰痛を根本から改善できるような何かヒントが欲しいな」

という疑問や悩みにお答えします。

スポンサーリンク

 

 

☑本記事の内容
●腰痛を治す人の考え方と原因
●腰痛を改善する為に、今すぐやるべき最初の一歩

 

この記事を書いている私は、月250回以上施術を行っている整体師で、開業から3年目の現在も変わらずどこに行っても治らないような多くの患者さんだけを診させて頂いています。
日々多くの腰痛患者さんと向き合い、半年以内に9割近くの方は根本から改善しているというくらいまでになりました。

整体院 葉音~Hanon~公式ホームページ

 

本記事では、腰痛患者さんからいただく悩みにお答えしていきます。
腰痛でお悩みの方はぜひご覧ください。この考え方を持てば、あなたの体は明日から変わるとお約束します。

腰痛が治る人の考え方と原因

結論:腰痛は治る!しかし今のあなたの考え方を変えることが出来ればの話
  腰痛の患者さんの多くは「考え方」の段階で間違えているという事に気づくべき。

 

どこの場所が痛いかは重要ですが・・・。もっと重要なのは考え方を変えること。

腰痛患者さんからすれば、とにかく真っ先に「痛い」という感情が来てしまいますので、どこが痛いのかという事に多くの比重を置いてしまう傾向がどうしても強くなります。

しかしここでは、それはただの【結果】でしかないという事を先にお伝えしておきましょう。

腰痛が治る方にはある共通点が存在します。治る考え方をしっかりと持っているという事です。
あなたの周りの腰痛が治る人は考え方の時点で治らない方と全く異なる考え方をしています。

まずは治らない考え方の例をご紹介します。
例えば、あなたが右側の腰が痛いとしましょう。普通に考えればどこに原因があると考えますか?

そうです!迷うことなく、右側の腰ですよね!

実は、実はこれが治らない方の考え方です。これは左側が痛くてももちろん同じことがいえますよね。
左右でどちらが痛いというのはあまり重要なことではありません。
おそらく95%以上の方がこの考え方をしています。
なので、厳しいことを言うようですが腰痛患者さんって一向に減らないんですね。

もう一度言いますね。
右側の腰が痛いから右の腰に湿布を貼ろう!とか
左側が痛いから、左の腰を温めようとか そういう事ではないという事です。
まずはこの考え方を一度捨ててみるといいです。

あなたの腰痛を治すためには、あなたの今の考え方を捨てる事で初めてスタートラインに立つことが出来ます。

 

体のゆがみから起こるただの結果でしかないという事を理解する

今までの考え方を捨てたあなたは、次は治る人の考え方を持つことです。
それは次の通りです。
あなたの右側の腰痛はあなた特有の体のゆがみからくる【ただの結果でしかない】と考えるようにするといいという事です。

この考え方に変わった方は次にどう考えるでしょうか?
先ほどとは違い、だったら【この腰痛を起こしている本当の原因はどこにあるんだろう?】と考えますよね。
この考え方ができて、はじめて治る方のレールに乗っかったという証拠です。

よくある話ですが、親は自分の子供を医者にしたいと思った時に医者になるための名門の幼稚園や小学校に入れてあげる事が、スムーズに医者になるための近道なんですね。
医者になっている人のレール(考え方や行動)にいち早くのせてあげる事が一番の近道という事です。

それと同じで腰痛を早く治したいと思ったら、腰痛を治している人のレール(考え方や行動)にいち早くのることなんですね。

 

きっとこの時点でまだよくわからない人もいるでしょう。
そんなあなたのために、もう一度だけ、治らない考え方をお伝えしますね。

治らない方は、右の腰が痛い時に【右の腰が悪い、右の腰に原因がある】と考えてしまうんですね。
ちょっと言いにくいですが、この考え方は誰でも思いつく考え方なのでこれでは治るわけがありません。

あなたの右側や左側に出ている腰痛は、体のゆがみからくるただの結果でしかないと考え方を変えることで、
痛い場所にとらわれるという事がまずなくなります。

もっと言ってみれば、あなたの体の歪みの状態が、たまたま右側あるいは左側に症状(痛み)が出しているだけだという事です。
ここで大事なのは、あくまでもたまたまなんですね。
実際に他の場所にも出る可能性がいくらでもあったという事です。

これを理解することであなたの腰痛は治る方の考え方のレールに乗れたということになります。

素直な人は早く治る! これ鉄則なり!

「ほんとに治るのかよ~」って

きっと、今までにない考え方はあなたの中で違和感や不信感が残ると思います。

しかし、多くの患者さんと日々向き合う私はこんな180°異なる考え方を患者さんに伝えて理解して頂いています。

治る方の特徴はすぐに自分の考えを捨てて素直に考え方を変える事が出来るんですね。

考え方が柔軟だから早く治ります。

ちょっと疑ってしまう方もいるでしょうが、この治る人の考え方のレールにいち早く乗る事が重要です。

ここまでできたら次に行きましょう!

 

腰痛の原因を探していない方が8割を超える

結論:実際に腰痛の原因をしっかりと探している人ってほとんどいません。
 原因が分からないからいつまでも治らない!これって普通に考えたら当然ですよね?

 

考え方に依存する原因

原因を考える際に一番多いのが、【関節が悪いと思ってました】【どこが悪いか見当もつきません】と答える人なんですね。
どこの関節ですか?って尋ねると腰が痛い人は背骨

膝が痛い人は膝って必ず答えます。

何度も言いますがこれは治る人の考え方ですか?   違いますよね。
関節が悪いと思ってる人は結局、痛い関節に原因があるって思ってるんです。

痛いところ=原因という考え方以外の選択肢が自分の中で無いことがこの思考のサイクルから抜け出せない理由なんですね。
結局のところ、原因はあなたの考え方に依存してしまうという事なんです。

 

ちなみに私だったら、【股関節や足首の関節に問題がありますね】とこう答えると思います。

これは実際に腰に原因があると思っていないから出る発言なんですね。

 

治る人の原因の考え方は?

治る人は、そもそも原因のとらえ方が全然違います。

治る人は全身の状態を包括的に診る考え方をすんなり自分の中に落とし込むことが出来ます。

もう少し簡単に言うと、全身の状態に目を向けることが出来ているという事です。
私は必ず、全身の状態が大切という事を患者さんに伝えます。

もうそれだけで視野はとても広がります。狭い範囲でしか、自分の体の状態を見ることができないと考え方が狭くなりますから、原因も絞られてしまいます。
だからまずは視野を広げる事です。

 

原因を探せば、あなたの腰痛も治る!!

治る方は全身の状態をみているという事は何となく理解できたと思います。

では次にどこが原因になっているか原因を探す事が必要ですよね。
実はこのどこの何が原因で、なぜそこが原因になっているかを知る必要があります。

でもほとんどの人は、実際この原因を探すという作業をしていないわけなんですね。

だから治らない。

だったら原因を探すことをすればいいだけなんです。単純なんですが、これをしないからいつまでも治らなくなります。

ここで、私が考える問題点があります。

【人間は目に見えない原因に対しては、対処療法をとってしまうという性質を持っています。】

分かりやすく説明すると、腰が痛いけど原因が分からない時には、真っ先に腰に湿布したり注射してしまうんですね。これが目に見えない原因に対する対処療法です。

反対に同じように腰が痛いけど、明らかに腰に大きな傷があって痛い場合は、大きな傷が見えているので傷を処置すれば治りますよね。傷(原因)が目に見えているので同じ腰に治療していてもこれは根本治療になりますね。

何が言いたいかというと、ほとんどの方は腰痛の原因が目に見えていないはずです。
原因が目に見えていないという事は、先ほどお話しした通りほとんどの方が対処療法(その場しのぎ)になっているせいで根本から治らないということになります。

目に見えない事がわかっているのだからしっかりと原因を探して、さらにその原因ができてしまう理由はどこにあるのか?まで考えて治療していく必要があるという事なんです。

腰痛が治らない「原因」ってこういうところにあるんだと思います。

 

腰痛を改善するためにあなたがやるべき最初の一歩

最後に、腰痛を治すための最初の一歩をSTEPでご紹介します。

STEP1 今までの考え方を捨てる
体のことなど専門的分野は自分で考えるにも限界があります。また独学で知識を入れても多くの場合間違えています。まずは既存の思考を捨てて下さい。

STEP2 治る人の考え方をする(治る人の思考を手に入れる)
今の腰が痛い状況を変えるには、実際に治っている人がしている考え方や行動を知り手に入れることです。
また専門分野の人の意見を取り入れることです。

STEP3 治るための実践する(行動に移す)
考えているだけでは何も変わりません。実際に行動に移した人だけが腰痛が治るという結果を手にすることが出来ます。例:本当に治る人の考え方を教えてくれるような先生を見つけて治療をする。

自分の考えは排除して、言われた事を素直にそのまま実行するのみです。
自分で考える必要ないので逆に楽なはずです。

最初の一歩としてはここまでできればOKです!
もちろんこれで終わりではありませんから、どうすればいいのか先生に指導を仰いで自分で努力する事が最も重要になりますのでこのあたりのお話もまたしていきたいと思います。

 

まとめ

【結論】

今の考え方を捨て、治る人の考え方を知り思考の転換をする。また原因を探す必要がある事を理解する。
右側が痛い、左側が痛いというのは重要なことではなくただの結果であるという事。
痛い場所にとらわれずに全身を包括的に治していくという視点を持つ事で、痛みを解消させていくことが可能になる。

 

まずは、自分の腰痛が治らないのは自分のせいだと自覚して思考や行動の転換をしてみて下さい。

今まで考えたことのない考え方や行動がとれれば、あなたの腰痛もきっとなくなるはずです。

腰痛を無くして健康で楽しい生活を送りたいあなたは、この記事をぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク