腰痛が悪化する!? 牽引をオススメしない意外な理由とは?

エクササイズ

 

こんにちは、現役整体師のニャンちゅうです(=^・^=)

 

今回は、「腰痛が悪化する!? 牽引をオススメしない意外な理由とは?」というお話をしていこうと思います。

 

この記事を読んで頂いているあなたはヘルニアや脊柱管狭窄症など腰痛で牽引(牽引療法)をして悪化したことがあるなんて経験はないでしょうか?

他にもこんなことで腰痛が悪化しています。

腰痛を悪化させている!? 腹筋を鍛えるのをオススメしない3つの理由

腰痛になってしまった際に牽引(腰を引っ張る)をしたことで腰痛が悪化してしまったという話をよく聞きます。

腰痛になってしまったら本当に牽引が有効的なのか? それとも効果がないのか?

そんな疑問について独自の視点で解説していきます。

 

腰痛を改善するために「牽引をしよう」と考えている人はぜひ最後までご覧ください。

 



 

腰痛に対して牽引は本当に効果があるの?

 

 

結論からお伝えすると、現役整体師(元理学療法士)の私の見解では、腰痛の際に牽引を行う事は正直オススメできません。

 

そもそも腰痛に対して、牽引が本当に効果があるのかというところに関しては「根拠とする十分な研究がない」とされています。しかし実際の現場ではヘルニアだから、脊柱管狭窄症だから、腰痛だからという安易な理由で牽引が行われているケースが多いのです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症の方は反り腰に関する記事もおすすめです。

腰痛の原因は反り腰のせい!? 反り腰の原因と解消法のまとめ

牽引を実際に行ったことのある人は多くの場合、牽引を行ったことで余計に調子が悪くなったとか、何度も牽引しているけどまったく変化を感じないとか否定的な意見を聞く事が多い印象です。

 

まず効果があるのかを解説する前に、牽引とはなんぞや?という所を少し理解しておくといいです。

 

牽引療法とは?
痛みがある部分を専用の機械を使ってゆっくり引っ張り椎間板や椎間関節の内圧を下げたり椎間孔を広げること神経の圧迫を軽減させる事を目的としています。主に頸椎や腰椎を引っ張ることが多く、ヘルニア(頸椎・腰椎)や脊柱管狭窄症などを中心とした疾患において使用されることがあります。

 

簡単に言えば牽引とは、腰や首の痛い所を引っ張るという行為なのです。

まずは牽引という言葉自体を理解しておくといいですね。



 

狭くなるから牽引するでは単純すぎます…。【腰痛=牽引のイメージ】

 

まずは私が一般的に多くの方が持っている牽引のイメージを代弁してみますね!

 

たぶん下記の通り

一般的な牽引のイメージ
「背骨の間が狭くなって圧迫されているから引っ張れ(牽引すれば)ば治るだろう」

 

牽引に対してこんなイメージを持っている人が多いのではないかと思います。

(勝手なイメージでしたらすいません…。)

 

しかし、牽引を行うに当たり上記のようなイメージを持っている人は実際多いと思います。

 

背骨同士の間が狭くなっているので引っ張って伸ばせば圧迫されなくなるから改善するのであれば多くの方が苦労する事はないでしょう!

 

しかし狭くなるからすき間を空けるために牽引するという考え方では単純すぎるのです。

 

腰痛(ヘルニアや脊柱管狭窄症)=牽引みたいなイメージを持っている人も多いので注意が必要です。

 



 

腰が引っ張られて腰痛が起きている! という事は…?牽引は悪化します。

 

 

多くの場合、腰痛は腰周りの筋肉が引っ張られることで痛みが生じている筋・筋膜性腰痛であるケースが多いです。

腰痛の原因は腰じゃない!? 筋・筋膜性腰痛症を理解しよう!

もうお分かりかと思うのですが、腰を牽引すれば骨を引っ張っているつもりでも腰周りの筋肉も合わせて引っ張られてしまうために余計に引っ張られて痛みが出てしまうケースが多いのです。

 

まず腰痛がどのような状態で出現しているのかを理解する事で、おのずと牽引という選択をしなくなるという事です。

 

腰が引っ張られて腰痛が起きているのに、牽引で腰を引っ張れば悪化するのは当然のお話しなのです。



 

腰痛の根本原因は牽引では解消できない!

 

腰痛の根本的な原因は、多くの場合腰周りにあるわけではないので牽引では改善する事が出来ないと思っています。

 

腰痛のほとんどは痛みがあるところに原因がないので、牽引のように痛い所を牽引するような方法では牽引している腰自体に原因がないのですから、腰痛も改善されないという事なのです。

 

あなたの腰痛は腰の筋肉が引っ張られているわけですが、ではどこの筋肉が腰を引っ張ってしまっているのかを全身の中から探す事が最も重要なのです。

 

更に言えば、なぜその筋肉が引っ張ってしまっているのかを解消しなければ腰痛が根本的に改善に至る事はありえないのです。

 

とにかくこの記事でお伝えしたい内容は牽引を使って腰痛を改善する事は難しいという事です。むしろ悪化するケースも珍しくないため安易な牽引の選択は注意が必要なのです。

 



 

腰痛 牽引のまとめ

 

いかがだったでしょうか? 牽引のイメージが変わりましたか?

 

まずは腰痛がなぜ起きているのかを理解したうえで、改善させるための方法を自分で選択する必要があります。

 

腰がひっぱられて腰痛が生じているのに、牽引でより引っ張れば悪化するのは当然ですよね。

 

しっかりと牽引に対する知識を持っておくことが大切だということです。

腰痛患者の95%が間違える、筋トレでよくなるという思い込み

あなたはどの腰痛?2020年実際に多い腰痛の種類を8つまとめてみた!

 

今回はここまで、他の腰痛記事もありますので腰痛でお悩みの方は参考にしてみて下さい。

 

ではまたニャ~。

スポンサーリンク