腰痛の勘違い!? 自分で腰痛を治す? 治してもらう? あなたはどちらを選びますか?

健康

 

【腰痛が改善しなくて困っている人】

「何回か治療に来てるのに一向に良くならない…。病院だと薬出されるだけだし、整体でももうこの腰痛は治らないのかな?」

「でも結局自分で何かやるのも無理だしな~、どうしたらいいんだ~!!!」

「誰かたすけて・・・。」

 

という疑問や悩みにお答えします。

 

☑本記事の内容

  • 腰痛治療の勘違い
  • 腰痛を治すために持つべきマインドセット
スポンサーリンク

この記事を書いている私は、毎月250回以上施術を行っている整体師で、開業から3年目の現在も変わらずどこに行っても治らないような多くの患者さんだけを診させて頂いています。

日々多くの腰痛患者さんと向き合い、半年以内に9割近くの方は根本から改善しているというくらいまでになりました。

整体院葉音~Hanon~ 公式HPはこちら

 

本記事では、腰痛患者さんからいただく悩みにお答えしていきます。

腰痛でお悩みの方は自分に当てはめてぜひご覧ください。

この考え方を持てば、あなたの体は明日から変わるとお約束します。



あなたはしてない!? 腰痛治療の勘違い

 

【結論】腰痛は自分で治すという気持ちを持たない限り治すことはできない。

という結論を持っています。

腰痛に限らずそうですが、整体や病院任せにしてしまい自分で治す努力しなくなってしまう人が多いから治らない件について詳しく解説していきます。

 

そもそも慢性的な腰痛は病院では適応外の可能性が高いということを患者さんは知らない。

腰痛と言っても色々状態が異なるけれど、体の状態によって病院で対応できる腰痛と対応できない腰痛があるのは知っていますか?

多くの人は、まずは自分の腰痛がどこに行けば治るのか?その判断基準を持っていない事がほとんどです。

 

【慢性期】と呼ばれる痛みが3か月以上ずっと続く場合は、病院が適応ではない事が多いです。

3か月を超えても痛みがかわらないようだったら治療方法を変える必要が出てきます。整体とか接骨院とかそういうところでの治療をおすすめします。

そもそも慢性的な腰痛は病院では適応外な事が多いという事実を知らない患者さんは多いです。

簡単な見極め方法として急性期(痛くなってすぐ)は病院、慢性期(痛くなってから3か月以上経過している場合)は整体、治療院などを受診することをおすすめします。

 

整体や治療院に行けば治してくれるという勘違い

慢性期は整体や治療院に行けばいいのは分かったけど・・・。

マインド編

整体や治療院に通っている多くの人は「何回か整体に行ってるけど一向に治らない」って一度は思ったことあると思います。

でも私はそんな人に対して整体を受けさえすれば治るなんてそんな都合のいい話はないと思っています。

始めに整体に行けば治るというのは多くの方がしている勘違いという事はこの場ではっきりとお伝えしておきたいところです。

 

治療家も神様ではありませんから、手をかざしたら治るなんてことはありません。

もしかしたらそんな人もいるかもですが…笑。

今回はそれは置いておきましょう。

 

あなたはお金を払って治療しているんだから治してもらって当たり前って思ってしまっていたらその時点で私が考えるところではかなり「受け身の状態」です。

今の腰痛を引き起こしているのは、まぎれもなくあなたの責任ですよね。

だから受け身ではなくてあなたが自ら積極的に治そうという考え方に変わらない限り根本から治る事はないと思っています。

 

この勘違いは治療を受けるあなたに不利益しかもたらしませんし、受け身でいると治らなくなりますのでこれが一つ目のマインド勘違いです。

 

治療編

もう一つはあなたの体を診てくれている先生は、通院に当たり具体的な数字を提案してくれていますか?という事です。

言ってみればあなたは「ただ整体に通っている状態になっていませんか?」というです。

治療に計画性がないという事ですね。

 

例えば悪い例で言うと、先生から言われる「○○さん、次回は調子が悪くなった時にまた来てください」とか「○○さんの予定で時間があれば来てください」この提案のされ方は、何回通っても治る可能性が低いです。

みて分かる通り全然計画性がなく具体的ではないので、これでは治りません。

ここでのポイントは、あなたが治らない治療ペースを自分で選んでしまっているということが問題なんです。

治療している先生が悪いのではなく選んでいる自分がすべて悪いという考え方を持つべきです。

今までの人生もすべてあなたが自分で選択しているわけですから責任はあなたにあります。

 

では治る人はどうでしょうか?

「○○さん、次回4日後に来てください、もし難しければ1週間以内で来ていただけますか?」

「○○さんは状態があまり良くないのでしっかり治すために半年間頑張って治療してみましょう?」

っていう風にお話しする先生に治療してもらっているはずです。

 

違いは具体的に数字を出して提案している所です。人の体を治すためにはそれなりの「条件」が必ずあると思っています。

ただ治療しているだけで治ればだれも苦労なんてしませんからね。

 

ポイントは、どれだけのペースでどのくらいの期間治療をするのかが明確な事です。

整体を受ければ治るという勘違いはマインドの部分と実際の治療の部分との両方に起きているんですね。

 

自己治癒力があることを知らないと勘違いを起こす

【自己治癒力】という言葉を聞いた事があるでしょうか?

人間は自分で治す力を誰しもが持っています。傷が出来ても勝手に治っていきますよね。それです。

人間は自分で治す力がある事を理解していないと自分の力では治せないと思ってしまい相手に依存してしまいます。

これが結局受け身になるので治らないということに繋がります。

 

自分には自力で治す力があると知っている人は、その自己治癒力を高めようと努力します。

治療に関すること以外でも食事、睡眠、水分など体を作る要素は特に回復に大きく関わるので、自分で普段から気を付けようという気持ちになり努力します。また指導を受けた内容を積極的に実践するはずです。

 

自分には自己治癒力がある事を知らなければこれらの行動は起きなくなるので、回復していきません。

治る方は自分で治す力を理解して必ず実践しています。

 

優先順位ができていない勘違い

自分で治す気のない方は自分の健康にフォーカスしません。

遊ぶのが先、買い物が先、お出かけが先という風に何かの理由をつけて自分の体を治す事のいつの間にか優先順位を下げています。本当に腰が痛くて困っている人は絶対にそうはならないはずですよね。

また他の事を優先しているくらいですから、そんなに困っていないと周囲から思われてしまっても仕方ありません。

 

それで治らないというのは、間違えていると思っています。

優先順位が低いのに、治療だけして治るわけがありません。ここが勘違いです。

しっかりと自分の体にフォーカスをあてるという事をしている人だけが治っているという事実がありますから

本当に治したいと思うなら、間違いなく優先順位を引き上げてください。

それだけで得られる結果は180°変わると思います。

 

治療家の本音をぶっちゃけます・・・。

次に正直に私の本音を言います。

私は治療家側が「治す感」を強く出しすぎると患者さんは治らない考えています。

というよりも、患者さん側からすると治してくれる感を強く感じてしまいます。すると治そうとするのではなく、治してくれるという感じになりやすいです。

私の感覚では患者さん自身が自分で治す力を引き出すためのお手伝いというくらいの感覚で施術をするようにしています。

あくまでも治療家側が治すのではなく、治療はひとつのきっかけであり自分で治す力を引き出してもらう事が大切だと考えています。



腰痛を治すために持つべきマインドセット

ここまでは腰痛に関する勘違いのお話しでしたが、あなたが腰痛を治したいと思ったらさらに治るマインドセットを持つようにしましょう!

マインド(考え方)はあなたの土台

家を建てる時のことを考えてみて下さい。

自分が建てる家の地盤がグラグラで基礎工事も全くしていない状態で家だけ建てたらどうなりますか?

たぶん簡単に壊れたり、崩れたりしますよね?

土台がしっかりとしていないとその上の家は崩れるのが想像できると思うのですが、腰痛を治す時もそれと一緒です。

マインドセットはあなたの土台です。しっかりと土台として腰痛が治る人の考え方を持つ必要があります。

マインドセット(考え方)がずれている=土台が不安定

だと腰痛はいつまでたっても治りません。

まずは土台のマインドセットを確立させることが腰痛を治すための必須条件です。

最後に私が考えるマインドセット3つをご紹介します。

1.すべては自分次第

実際、腰痛が治るも治らないもすべては自分次第なのです。

治る方と治らない方の大きな違いは、ずばり本気で治す気があるかどうかです。

気持ちの問題?と思う方もいるかもしれませんが、そこが一番大切で決定的な違いです。

本気で治す気持ちがある方は、自然と行動が変わります。

整体はあくまでも、きっかけで自分自信が本気で治そうとするかどうかです。

あなたが本気で治す気持ちがなく半分治らないとあきらめながら治療してしまっているのであれば、良い治療をしても治らないので時間とお金の無駄になるという事です。

 

2.高いお金を払って覚悟を決める

値段の高い整体や治療を受ける事をお勧めします。

これは自分への投資です。

それは、安い値段だと人間はなぜか気持ちが入りません。100円の整体と1万円の整体ではあなたが持つ覚悟が違いますよね。

高い値段を払えば、自然とそれなりの覚悟をもって治療に臨むのが人間です。

値段はただ高いとか安いではなくて、覚悟を決めるためにそれだけの値段を払うんだと自分に言い聞かせる必要があります。

ですので本気で治したい方はあえて値段の高い整体や治療院に行くのをおすすめします。

人によって安い、高いなどの基準は違いますのでいちがいには言えませんが、目安として1回7000円以上の整体になると高めになってくるのかなと思います。

価値観の違いはあるにしろ、そんなマインドセットを持っている方は実際にどんどん治っているのが事実です。

 

3.自分を一番大切にする

良く家族を一番に考えて自分が犠牲になる的な考え方の方がいますが、それは少し間違えています。

実際は自分を一番大切にしている人が、家族や大切な人を守る事に繋がります。

一度よ~く考えてみて下さい。

家族を優先にしすぎて、あなたが倒れたらどうなりますか?あなたの事を心配するのは誰ですか?あなたの看病をしてくれるのは誰ですか?

そうですよね、やはりあなたが大切にしている家族なんですね。

少なからず、迷惑がかかりますよね。家族が必ず犠牲になり負担がかかるのです。

それはあなたが体調を崩したことにより起こりますよね。

そんな風に考えると、自分をまずは一番大切にすることができるはずです。自分の腰痛を治すために、優先順位を上げられるはずです。

必ず健康な自分がいて周りの家族が成り立つわけですから理由はともあれ自分の体をを最優先に考える人は必ず治っていきます。



まとめ

腰痛は治すことができるけれど、あなた自身が本気で治す気があるかどうかが治すための一番の鍵。

治る人のマインドセットを身につけコントロールし、自分で治すつもりになれば行動が変わるので治ります。

どこに行ってもあなたが変わらなければ、結局何をしても一緒です。

 

 

 

あなた自身で治すことが一番良いと私は思っていますのでしっかりと治すマインドを持って今のあなたの治療に反映させてみて下さい。

それができれば、あなたはいつの間にか治っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク