糖尿病で見るべきは検査数値よりも〇〇変化です!

健康

 

こんにちは、元理学療法士で現整体師のニャンちゅうです。=^_^=

 

いつも整体師ニャンちゅうの健康ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日もいろいろな体のメンテナンスについて解説と私なりの意見をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

今日は「糖尿病で見るべきは検査数値よりも〇〇変化です!」という内容のお話しをしていきたいと思います。

 

少し血糖値が高いから気になっている受診してみようかと不安になっているあなたへ糖尿病の検査項目を見る時に重要な事をお話ししていこうと思います。

 

ぜひ最後までご覧ください!!


糖尿病の検査項目は数値じゃなくて【経年変化】をみるべし!

 

まず結論からお伝えすると糖尿病で大切なのは検査項目の数値ではなく経年変化をしっかり見て経過を追う事です。

 

要するに年々、糖尿病の検査項目の数値が上昇しているようなら注意が必要もしくはもう少し細かい精密検査を受ける必要がここで初めて出てくるという事です。

 

3年以上数値が上がり続けているようでしたら注意が必要です。

 

多くの場合、1度でも基準値とされる数値をほんのわずか超えただけで精密検査を促されたりとか、薬を飲む必要性を迫られる事がよくあります。

 

これは非常に敏感になりすぎているケースが多いという事です。


糖尿病の検査数値の基準は年齢によって違う?!

 

例えば、血圧やコレステロールの値なども同様の事が言えます。

多くの人が「えっ!?そうなの!?」と驚く事実があるのはご存じでしょうか?!

 

そもそも、それぞれの基準値とされる検査数値は、年齢や性別によって異なるため、すべての人が同じ基準値ではないという事です。

 

実際、この事実を理解していない人が多いのが現状です。

 

それホント??それぞれの基準値とされている値

血圧で言うと、135/85以上は正常と診断され、総コレステロールは220以下が正常などと言われます。

ですが、20代と80代では明らかに基準値が違うということを理解する必要があります。血圧が高くなるにも理由があります。基本的には人は高齢になれば血圧を高く維持する必要があるから上がっているわけです。

 

しかも、一度数値が超えたぐらいでは異常と判断するには早すぎるのです。

 

大事な考え方として、1度や2度少しくらい基準値を超えても大丈夫と言う考え方が必要です。

 

逆に過剰な薬の摂取の方が血圧を無駄に下げすぎてしまい健康を害するリスクは高いのです。例えば血圧が弱いので血管がつまりやすく、圧がひくいので血管が詰まっても押し出せなくなるのです。要するに脳梗塞になり易くなります。

 

糖尿病も同じことが言えます。下げすぎると今度は低血糖を起こします。

 

糖尿病に関しては、空腹時血糖値ヘモグロビンA1cの値を見ることが多いですが、これらの検査項目も経年変化が重要であり、一時的な数値の上昇はあてにならない事が多いのです。

 

そもそも基準値自体も100%ではないという事は頭に入れておくべきです。


あなたは大丈夫?糖尿病の検査は偽陽性を疑え!

 

検査の一時的な数値だけですべてを判断してしまうと、実は正常なのに異常であるとされてしまう場合逆に異常なのに正常と判断されてしまう場合の両方の可能性が出てきてしまいます。

 

特に正常なのに異常とされるケースは非常に多く、必要のない治療や検査、薬で健康を害する事も多々あるのです。

これを偽陽性(フォールスポジティブ)といいます。

※ちなみに異常なのに正常と判断されてしまう事を偽陰性(フォールスネガティブ)と言います。

 

自分では気がつかないうちに検査数値の結果によって病気でもなんでもないのに患者さんにさせられている事があるので、検査項目の数値だけを見るのではなく、重要なポイントは経年変化を追うという視点が必要で重要であるという事です。



糖尿病の検査 まとめ

 

と言うわけで今回はここまでになりますがいかがだったでしょうか?

 

まとめ
糖尿病の検査数値の正しい見方は【経年変化】を見ることです!(血圧やコレステロールなども同じ)

・3年以上上がり続けている人は要注意!!

 

一度数値が気になった人は、数値を改善するために普段の生活を気を付ける1つのきっかけになれば何も問題はありません。

 

次に健康診断などを受けた際に、気になっていた数値に問題がなければそれでOKなのです。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

今回の話が参考になったとか、ためになる、面白いと思って頂いた方はぜひ他の記事もご覧下さい!

 

それではまたお会いしましょう!

 

またニャ~!!=^_^=

スポンサーリンク