【保存版】花粉症の症状を薬を使わず食事だけで改善した方法を解説!

健康

 

こんにちは、整体師のニャンちゅうです!(^o^)丿

GWの10連休も終わりですね!

まだまだ花粉症の時期ですが、今年は今までになくほぼ花粉症を感じることなく5月まで来ることが出来ました。去年を考えるとツラすぎて泣けてきます…。

と言うわけで、今回は2019年最新版、私が自分の体で実感してきた体験談シリーズです。

 

5月に入っても花粉症がまだまだツライ人も多くいると思います。今日は花粉症を食事だけで克服した方法を語る記事です。個人差はあると思いますが、ぜひ実践してもらいたい内容です。

どうか最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

 

こんな人のために書きました!
・薬を飲まないで花粉症を改善したい人

・毎年のようにひどい花粉症で悩んでいる人

・花粉症もう治らないとあきらめている人

・食事で花粉症が改善できるならと思った人

・いろいろ試してきたが花粉症が改善しなかった人

 

この記事を読むと…。

来年は花粉症で悩まなくなり「全然楽なんだけど、マジか…」と違いを実感する事が出来ます。花粉症って改善するんだと新しい発見をすることが出来ます。

本当は使いたくない薬や注射が必要なくなります。

何より花粉症の根本的な原因を知る事が出来ます。

 

【記事の信頼性】

この記事を書いている私は現役バリバリの整体師(3年目)元理学療法士(8年)でもあります。

今まで病院・施設・整体などで合計2万人以上の患者さんのお体を見てきた実際のリアルな現状と、経験から考える体のお悩み解消法をこの記事を通して発信しています。

現在は、腰痛・ひざ痛のみ専門の整体院を経営しどこに行っても改善しない違和感・不調を訴える患者さんを中心に体全体のお悩みをトータルで解消させる施術で、予約は常に9割を超え、月の施術回数は毎月250回を超えます。改善後もケア目的で多くの方が通院しており、再発もほとんどなく2年以上経過という人も多いです。

そんな現役整体師のニャンちゅうがあなたの体のお悩みを解決していきます。

実際に体を診て欲しいという人がいたらこちらの公式HPをご覧ください。→整体院葉音~Hanon~公式ホームページ

 

~記事の概要~

毎年、春の3月~5月になると花粉症にビクビクしているなんて嫌ですよね。

花粉症が一生続くと思ったら地獄じゃないですか? あなたも花粉症ならツラさが分かるはずです。

花粉症は捉え方によって全然改善する事が出来ます。実際に私は長年続いていた花粉症を食事をコントロールする事だけで改善する事ができました。

あなたもツライ花粉症から抜け出すチャンス到来です!

ぜひ今日の記事を参考にしてみて下さい。

では早速行ってみましょう!



花粉症の症状って改善できるの?(一度発症したら改善しない説はウソ)

 

一般的には”花粉症って一度なったら改善しないと思われている”のですが実際にはそんなことはありません。

多くの人が勝手に思っている思い込みです。

 

結論
普通に改善できます!!これが結論です。

 

2019年自分の体で証明してみましたので、

まずは、実際の私の花粉症の状態を去年と今年とで比べてみます。

笑ってしまうくらい差は歴然ですが、結果は以下の通り

2018年と2019年を比較

去年(2018年):1ヶ月でティッシュ箱3箱、かゆみ止め目薬2本、マスク大量、のど激痛

今年(2019年):テッシュはほぼ使わない、かゆみ止め目薬一回も使わない、マスク数枚、のど大丈夫

実際こんな感じでした。

 

感情にもかなりの変化があったので、大げさではなく下記のような感情の差が生まれました。

感情の変化

去年(2018年)の感情:いつまで花粉症に耐えなきゃいけないんだ~、鼻水は垂れ流しだし、目はかゆいし、まじでつらいわー!!早くこの時期終わらないかな~↓↓

今年(2019年)の感情:仕事にも集中できるし、ティッシュも必要ない全くお金もかからないし、何より花粉症を感じないってこんなに幸せだったとは~!! 

 

周りの人が今年は花粉症がツラいと悩んでいる中で、私は去年とは違い明らかに花粉症から解放された気持ちでこの3~5月を余裕で乗り切る事ができました。

実際に花粉症を感じないこの時期を体感してみてよ~く分かったのですが、花粉症って普通に改善できるってことなんですね。

 

薬も使ってないし、注射も打っていません。一般的に花粉症対策と呼ばれることは一切していないという事がまず一つの事実です。

しかし、ある事を一つだけ徹底的にやりました。それは以下の通りです。

花粉症改善のためにやったこと
普段の食事を気を付けた!( めちゃくちゃ抽象的ですいません(._.) )

 

たったこれだけです。詳しくは以下で解説していきますのでマジかと思った方はこれマジなので実践あるのみです。

信じて頂いたうえで、下記を続けて読み進めてみて下さい!

 

花粉を体の外に出せれば改善できる?

花粉症が毎年つらくて、いつまでも改善しない理由は一つで、体の中に入ってきた花粉を体の外に出せなくなっているという事です。

要するに、デトックス排毒機能が落ちてしまっているという事なのです。

 

基本的に体に入ってきた花粉は異物なので便や尿によって90%以上が排出されるはずなのですが、体のある機能によって上手く排出できなくなってしまっています

 

そのある機能が消化機能の働きです。※消化機能とは食べ物を分解する機能です。

消化機能が必要以上に働きすぎると相対する代謝機能が上手く働かなくなります。※代謝とは外に出すという働きです。

この両者は、片方がはたらくともう片方は働きにくくなります。と言う事は、消化機能がはたらきすぎることで

花粉を外に出すための代謝機能が上手く働かず、花粉症が体の中にとどまってしまっていた事がひどくなっていた原因だということです。

 

逆に考えると、花粉が外にスムーズに出すことが出来れば普通に改善していくという事の裏返しだという事です。花粉が体に残っているから体が反応するというわけです。

私が好きな言葉でアメリカの作家アール・ナイチンゲールの名言で”大衆は常に間違う”という言葉があるが、これは大衆とは逆の事をやれば成功するということです。
花粉症に対する考え方も同じで多くの人が症状を抑えようとしか考えていないので、発想を変えて人がやっていない事をする、すなわち体から花粉を出す事を意識すれば改善していくということなのです!!

花粉症の症状は体から花粉を出す作業でしかない!(難しく考えない方が良い)

花粉症の症状で多くの人が悩むのが以下の主な症状です。

花粉症の主な症状

・鼻水

・くしゃみ

・目がかゆい

・目ヤニ

・涙

・咳

これらの症状は人間が体から代謝機能として花粉を排出しようとしているにすぎないのです。鼻水として体の外に出している、くしゃみとして外に出しているといったようにただの体の排出するという反応でしかないという事です。

これらの症状が出ている事が何を示すのかというと、花粉を体の外に上手く排出できていないということが言えるわけです。

ではなぜこれらのくしゃみや鼻水といった反応を通して体から出す必要が出てくるのか?

これの答えは、先ほどお伝えしたように90%以上の排出に関わっている便や尿によって上手く排出できていないからです。

それに関わっているのが、腸内環境の悪化です。

 

腸内環境が超大事!

次に上手く便や尿で排出するには、腸内の環境が非常に大切になります。

そこで重要なのが普段から食べている食べ物です。

消化代謝を上手く働くようにするには、①消化に悪い物は食べない ②代謝が働きやすい食べ物をリズムを意識して食べる

この2つを意識して食事をすると便や尿での花粉の排出がスムーズになりますので、花粉症の症状を使って出す必要がなくなるという事なんです。

このあたりを具体的に以下で解説していきます。

 

大前提!何を食べるかではなく、何を食べないようにするか!

元ホスト界のカリスマローランドさんみたいにかっこ良くいうと「俺か、俺以外か!」みたいな感じで何を食べるかではなく、何を食べないようにするか!

これが一番大切です。

多くの人は、花粉症に効果がある食べ物は何だろうかと体に何か良いとされるものを何とかして取り込もうとします。しかし、やるべきことは逆で発想自体の転換が必要です。

必要なのは、マイナスの発想で

 

”何を食べないようにするか且つどんな食べ方をするか”

 

という所が最も大切だという事です。花粉症に対してどんな良い物何を食べるのかは上記のポイントが抑えられた後の話です。



花粉症を改善した具体的な食事の仕方は??

 

では次に実際に私が実践した具体的な食事の方法は以下の通りなので公開します。

 

具体的な食事の方法
・できるだけ日本食・野菜中心食にした

・ジャンクフードに属するものは完全に避けた

・ジュース・アルコールなどは一切飲まないようにした

・水分はしっかり摂る(毎日1.5ℓ以上)

・一日に食べ過ぎない

・ストレスにならないように好きなものをたまには少し食べる

・一日の体のリズムを意識した(朝は水分だけなど)

 

以上が花粉症を実際に改善できた食事実践法です。

私自身は全くストレスがなく、現在ももちろん継続しています。

リズムについては、朝の排泄を意識して夜遅くに食べない、朝は水分だけなど体の本来のリズムを狂わせないように心がけたという事です。(ナチュラルハイジーンという考え方)

ナチュラルハイジーンは別の記事でも解説しています。

たったこれだけ!? 便秘の5つの原因と解消法まとめ

 

食べないようにものは3つでグルテン・ガゼイン・トランス脂肪酸

ではもう少し具体的に私が花粉症を改善するために食べないようにした食べ物は以下の3つで、

理由は消化するのに時間やパワーを必要とする食べ物だからです。

これらの食べ物を避けるだけで代謝機能が高まり花粉症の改善に効果があります。

 

避けるべき食べ物
・小麦粉製品(パン、パスタ、クッキー、ケーキなど←グルテンが良くない

・乳製品(牛乳、生クリーム、チーズ、ヨーグルト←ガゼインが良くない

・植物性油脂(ショートニング、マーガリントランス脂肪酸が良くない

・化学調味料(たくさんあります)

 

中でもパンを食べるのは本当に体の負担になると実感できたので完全に避ける事をオススメします。昔は普通にパンもたべていましたが、今では本当に食べなくなりました。いわゆるグルテンフリーというやつです。

花粉症に限らず、体の調子がすこぶる良いのはこのおかげですね。

パン好きの人は大変ですが…。花粉症で苦しむよりは個人的にはいいかと思います…。

パンだけではなく、麺類やお菓子などの小麦製品もできるだけ避けるとベストです。

 

これらの製品に含まれるグルテンというたんぱく質が消化に負担をかけるので避けるだけで代謝機能が向上します。すると花粉がスムーズにどんどん体から出ていくという仕組みです。

海外セレブや芸能人も推奨している体の調子が良くなるグルテンフリーについては以下の記事をご覧下さい。

グルテンフリーで健康になろう!【警告】パンは食べない方が良い事実! 

 

食べるようにしたもの(ま・ご・は・や・さ・し・い・わを意識するだけ)

逆にたべるように意識した食材はこちら

食べるように意識した食材達の一覧
・豆        ・キノコ類

・ゴマ、ナッツ   ・イモ類 

・発酵食品     ・海藻類

・野菜       ・米

・魚        ・味噌汁

いわゆる昔ながらの日本食です。

上記の食材を意識しながら料理を作る事をおすすめします。

 

薬は症状を抑えているだけだからいつまでも改善しない!

薬や注射は、症状が出ないように抑えているだけなので、次の時期になればまた発症していました。

ありがちな対処法

・花粉症の薬を飲む

・鼻うがいをする

・事前に注射を打つ

これらの対処方法は決して根本改善ではないと言うことです。

私個人は、何でもそうですがなるべく薬などに頼らずに自然に改善させる事が根本解決になるのではないかと思っています。

体の機能を理解し、食事から改善する事で嫌な花粉症から抜け出すことが出来ました。

 

花粉を体から出さずに体内に残ったまま薬で抑えているだけでは、一向に花粉症は改善しないと言うことです。

今、食事を気にせずに薬だけで何とかしようとしている人はぜひ食事面の改善をしてみて下さい。



花粉症を食事で改善 まとめ

いかがだったでしょうか?花粉症に対する考え方が変わりましたか?

花粉症で悩んでいた私が実際に改善した方法です。

 

根本的に花粉症を改善したいと思うのであれば、食事を改善してみる事をオススメします。

まずは本気で3か月は頑張ってみましょう!調子が良ければ1年続けて見て下さい。

きっと効果が出るので・・・。

この記事をきっかけに私と同じツライ花粉症の人が食事だけで改善できるという事実を感じ取って頂ければ嬉しく思います。

ではまたにゃ~!!

スポンサーリンク