腰痛が原因でおこる【うつ病】を防ぐには? ←早めの対処が大切!

健康

 

こんにちは、現役整体師のニャンちゅうです!

色々チャレンジすると上手くできなくて凹むことが多いですが、一晩寝たら忘れて引きずらないようにしています!

 

今回は【腰痛が原因で起こるうつ病について】です。

最近では韓国のアイドルグループ少女時代のメンバーの一人がうつ病を告白したと話題になっていますね。

有名なタレントさんになれば過度なストレスにさらされるのも無理はないですよね。

スポンサーリンク

一般的な人でも現代のストレス社会では気持ちのコントロールは非常に難しい問題です。

うつ病の原因は人によって異なりますが、今回は腰痛が原因でうつ病になるというお話です。

ぜひ腰痛やうつ病かもとお悩みの方は最後までご覧ください。

 

 

本記事はこんな人にオススメです
・腰が痛くて何もやる気がおこらない

・ちょっとしたことでイライラしてしまう

・座っているのがツラいので食欲も低下して元気が出ない

・腰が痛くて仕事に身が入らない・集中できない

・病院へ行ったが腰痛の原因がはっきりとしないので不安

 

上記のチェック項目に少しでも当てはまるのでしたら参考になると思います。

そのほかの腰痛関連記事はこちらもどうぞ

年3回以上繰り返す人必見! ぎっくり腰の意外すぎる本当の原因とは?

あなたはどの腰痛?2020年実際に多い腰痛の種類を8つまとめてみた!

腰痛の原因は反り腰のせい!? 反り腰の原因と解消法のまとめ

【記事の信頼性】

この記事を書いている私は現役の整体師(3年目)で元理学療法士(8年)でもあります。

今まで合計2万人以上の患者さんの体を見てきた実際のリアルな現状と、経験から考える体のお悩み解消法をこのブログを通して発信しています。

現在は、腰痛・ひざ痛専門整体院を経営しどこに行っても改善しない痛み・違和感・不調を訴える患者さんを中心に体全体のお悩みをトータルで解消させる施術で、予約は常に9割を超え、月の施術回数は毎月250回を超えています。改善後もケア目的で多くの方が通院しており、再発もほとんどなく2年以上経過という人も多いです。

そんな現役整体師のニャンちゅうがあなたの体や心のお悩みを解決していきます。

実際の施術に興味があるという方はこちらの公式HPもご覧ください。→整体院葉音~Hanon~公式ホームページ

 

 

日々、多くの腰痛患者さんを施術していますが患者さんたちには一つの大きな共通点があります。

 

それはメンタル面(心)の問題です。腰痛によって精神的に沈んでしまっている人はすごく多いです。

 

腰痛に限らず体に不調を感じることで人間はメンタル面に大きな影響があるという事です。今回は腰痛でメンタル面に支障を来さないようにするにはどうしたらよいかという内容です。非常にシンプルな内容ですが重要なことです。

 

それでは早速行ってみましょう!



 

うつ病になる前に腰痛に早めに向き合い対処する!

 

腰痛から起こるうつ病に悩まされている人はやはり長期的に腰痛で悩んでいる人に多い傾向にあります。

このあたりはスミマセン・・・(._.) 私の肌感覚です。

 

腰痛になって日が浅いと腰痛が原因でうつ病になる可能性は少し低いと考えています。

なぜならまだ腰痛になったばかりだと軽く考えているようなケースも多いからです。

 

でもその考え方が実は落とし穴で多くの人が腰痛である期間がまだ浅いからといってそのまま腰痛を放置してしまう傾向にあるのです。

しかもその腰痛が実際どんな状態なのかも分からずにです。

もしかしたら適切な対処や処置がもうすでに必要かもしれませんよね。

 

最初は大丈夫だと思っていた腰痛が次第に悪化し慢性化して、いつまでも改善しない状態が続いてしまうと不安やイラ立ちから徐々に精神面が不安定になりやがてはうつ病と言う状態にまで発展してしまうケースは少なくないのです。

 

さらには怖いのが多くの人が自分では気がついていない傾向が強いことです。

 

ですので、下記に記すこんな状態の人は早めに対処してください。

 

・腰が痛いからイライラしてつい物や人に当たってしまう

・腰が痛くてやる気が低下している

・座っていられず、食欲も低下傾向である

・「痛い、痛い」とマイナスな発言を繰り返してしまう

・自分が周りに迷惑をかけていると思い込んでいる(他人への気疲れ)

 

まずは結論としてはうつ病になる前に早い段階で自分自身の腰痛に向き合い対処する事が重要です。

 

具体的には専門領域の人にしっかりと体の状態を診てもらい自分の腰痛をしっかりと把握することです。

知識がない人が自己判断で解決できるほど体の構造は単純ではありません。

 

リアルな所、整体師目線で患者さんと向き合う時に思うのは、初回にご来院された時のその人の空気感です。6~7割くらいの人が元気がなく、ネガティブな発言が初回には特に目立つ傾向にあります。

もちろんそれも含めて改善に来ているわけなのでOKなんですが。あくまで私が感じた傾向のお話ですね。

 

 

体の不調は心の不調をひきおこす!

 

いつも感じるのは体の不調は心の不調に直結しているという事です。

 

もちろん反対も同じことが言えるのですが、体と心は一つの【身体】の状態として捉える必要があります。ここで自律神経系などの難しいお話をしても意味がないのでシンプルに分かりやすく解説します。

 

例えば、以下のような例を挙げると多くの人が理解しやすいかと思います。

 

体と心が連動している例
・お腹がすく(体)と、イライラ(心)してしまう。

・笑っている(体)と、幸せな気持ち(心)になる。

・涙が出る(体)と悲しくなる(心)

・緊張する(心)と心臓がドキドキ(体)する

 

といった具合に感情(心)と体の状態は常に密接に繋がっており、お互いが影響しあっているという事が分かるかと思います。

 

腰痛(体)があると痛みがあったり、体が上手く動かせないだけでイライラ、悲しい、ツライ、悔しい(心)など体の状態に合わせた感情が出てきてしまうのです。この状態が長年続いたらどうでしょうか?

 

やがて本当にうつ病になってしまう事が予測できますよね。

 

病気であっても、腰痛であっても例えば自分ではなく家族の体調であっても同じで心の問題がある背景には自分自身や身近な大切な人の体の不調が隠れている事がおうおうにしてあるのです。

 



 

うつ病→腰痛?  腰痛→うつ病? どちらでもやる事は同じです! 

 

よくいただく質問でうつ病→腰痛になっているのか?それとも腰痛→うつ病になっているのか?

という質問があがりますがその答えは簡単で以下の通りです。

 

 

正直、誰にも分かりません。やってみて結果が出ればそれが全てです←これが私の答えです。

 

これで終わるとなんともひどいお話になってしまうのでちゃんと説明しますね。

なので、もう少し続けますがどちらから来ているかという論議は正直どっちでもいいのかなと思います。適当ではなく本当にそう思っています。

 

問題はどちらが先になんて考えるよりも、現状をしっかりとみて解決する事です。結果的にはどちらが先にという部分が分かったとしても体としては同じ状態なんですね。

 

なのでやる事はどちらのパターンでも同じです。

 

私は体を改善させた方が心に影響が出ると思っているので、体の改善をオススメします。

※人によっては心が改善できるのであればその方がいいでしょう!何のせいで心に負担がかかっているのかにもよりますのでね。

体の状態が健康になると、自然と心がすっきりとしてくるものです。実際に多くの患者さんが笑顔が増えたり、発言内容が変わったり、表情にも笑顔が増えたりとみるみる変化が出てきますよ!

 

とにかく体の調子を整えましょう!

 

とにかく体の調子を整えていく方が早い解決策になると考えています。

腰痛を改善するのはもちろんですが、体全体の調子を整えていくということです。

 

 

逆に心を整えるのは非常に難しいので心の整え方についてはサッカー元日本代表の長谷部さんがこんな本を出されているので参考になればと思います。

 

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)

 

私も人間なので心が疲れる時がありますが、心をどうにかしようと思っても実際できない事が多いです。
なのでシンプルですが、とことん寝るようにしています。寝ると言っても体の調子を整えるために寝るという事です。

 

 

睡眠ならこの一冊で解決できます!

睡眠こそ最強の解決策である

 

 

あとは自分がリラックスできる音楽を聴いたり、ストレッチや体操をして体を緩めたり、食事を見直したり、軽い運動をしたり要するに形として見えたり変化の出やすい方の体の調子を整えることにまずは集中します。体の調子を整えるために以下の記事も参考になるかもしれません。

自分でストレッチをやれば腰痛が改善できますか? そんな疑問解決します!

ツラい腰痛をテニスボール1つで改善する方法を整体師が伝授します!

 

 

他にもこんな本が参考になるかもしれません。ちなみに私自身は生活のリズムや食事をかなり重要視しています。

体を整えるすごい時間割

 

 

体を整えることで結果的には、心も体もリセットされて精神状態が落ち着いてきます。

腰痛もうつ病もそうですが、自分が思っているより結構頑張りすぎの人も多いので自分の体をまずはいたわってあげてください。

 

腰痛に置き換えてお話ししておくと分かりやすいかもしれませんね。

以下で解説していきます。

 

腰痛の原因をしっかりと探すこと 【うつ病の原因でもある】

 

明らかに腰痛が原因でうつ病になってしまっている場合、やる事は早急に腰痛を改善させること。

 

もうこれだけです。

 

ですが、自分一人ではなかなか難しいと思うので、腰痛専門の整体院や親身に自分の体を診てくれそうなところをまずは探すのがベストです。

 

そして腰痛を改善するためにやらなくてはいけない事はたった1つです。

 

訪れた整体院などであなた個別の腰痛の原因をしっかりと探してくれるかどうかです。

 

腰痛の原因を探すということは、同時にうつ病の原因でもあるということですからね!何でもそうですが、原因を突き止めることは非常に重要だということです!!

 

しっかり体を診てくれて、原因は〇〇です!と言いきってくれるような治療院などを探すといいでしょう!

 

 

今だとホームページなどを見ればその院の方針やコンセプトが記載されていますので、問い合わせをする前に確認するべきですね。ちなみに当院のホームページはこんな感じです。

参考までにどうぞ→整体院葉音~Hanon~公式ホームページ

 

 

一つの見解では不十分【セカンドオピニオンは重要】

 

多くの場合、整形外科や病院で検査をしても「レントゲン上では異常なし」と言われてしまう事があります。

 

 

腰が痛くて受診したのに「異常なしですね」って言われてしまうと正直、腰が痛い人からすれば精神的に結構つらい状態になり、一体私はどうすればいいの?と余計に心にダメージを感じてしまいます。

 

 

そんな時は、一か所だけの見解や判断・診断で自分の腰痛の状態を決めつけない事です。

セカンドオピニオン、サードオピニオンと言うようにいくつか異なる所で自分の体を診てもらう事です。

整体、接骨院、整形外科、カイロプラクティック、○○治療院など形態の異なるところで一度見てもらい異なる見解を聞くことをオススメします。

 

 

自分にはどこが合うのかよく分からないという意見もよく聞きますが、○○が悪いからと原因や手順を説明してくれるような所があればそのような所で見てもらうべきだと思います。



 

腰痛を改善する事だけに集中する 

 

繰り返しになりますが、まずは腰痛を改善させることだけに集中しましょう!

あなたのうつ状態を改善するために何よりも優先順位が高いのは腰痛を改善する事です。

 

 

あれも気になるやこれも気になると色々考えようとすると全てが中途半端になってしまい、たいていの場合上手くいきません。

 

 

他のことを考えれば考えるほど結局どうすればいいのか分からず、そのことを考えることさえもストレスになってしまいます。

 

これではうつの症状は悪化する一方です。

 

なのでまずは腰痛を改善する事だけに絞りましょう!

 

腰痛とうつ病 まとめ

 

大切なことは本質はいつもシンプルです。

難しく考えようとするとそれは本質ではないことが非常に多いです。

 

心と体は繋がっているので、心を整える前にまずは体を整えることを意識しましょう!

自然と心の安定は取り戻すことができるはずです。

腰痛から起こるうつの場合は、どれだけ早い段階で体と向き合えるかがとても重要です。

 

腰痛でお悩みでしたら私があなたの力になりますので、一度ご相談下さい。

この記事が少しでも腰痛やうつ病で悩んでいる人の助けになれば非常に嬉しく思います。

 

ではまたニャ~=^_^=

スポンサーリンク